私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.07.07.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 待っていました。バカンス到来!

夏だ!バカンスだ!

 ポーランドでは6月の後半から学校の夏休みが始まっていますので、これにあわせて子供のいる家庭ではバカンスを計画しております。昨年は不景気と先行き不安から、長期の休暇をとる会社員も少なかったそうですが、今年は景気のよさを反映してか2週間ぐらいまとめてとる人が再び増えたそうです。
 

海?山?名所めぐり?

 北国のポーランド。夏のバカンス先で一番人気なのはやっぱり海。夏の海で太陽を浴びるのがそれほど楽しいのか?!と、この喜びをいまひとつ実感できていない日本人の私は置いておいて、夏になるとバルト海(ポーランド北部)、クロアチアのアドリア海、スペインの地中海、ブルガリアの黒海を目指して四方八方に散らばる彼ら。

 みんなそれだけ、金銭的に余裕があるのかといえば人それぞれ。豪華ツアーから格安パッケージツアーまで、うまく見つける人たちもいれば、ブルガリアまで自家用車で乗り付けて食べ物も家からたんまり持ち込むのもひとつの方法。そういえば、知り合いにはワルシャワから、イタリア南部も南部、「長靴のかかと」まで2晩かけて車で出かけた人もいます。余計に疲れるんじゃないかという私の心配(または、大きなお世話)を余所に、楽しく過ごしたというから彼らのタフさに感心です。

ポーランド北部からスェーデンに旅行に行く人たち。船に乗るのも旅行の醍醐味。
ポーランド北部からスェーデンに旅行に行く人たち。船に乗るのも旅行の醍醐味。
犬連れに多いのは、山でバカンス。
犬連れに多いのは、山でバカンス。

子供たちだけのバカンス

 子供たちのキャンプの一環、観光名所めぐり。いやに目立つ帽子です・・・。
 子供たちのキャンプの一環、観光名所めぐり。いやに目立つ帽子です・・・。
 子供が2ヵ月半も夏休みを満喫している間、親も一緒に満喫・・・というわけにもいきません。ということで、多くの働いている親たちは、子供だけをを「夏季キャンプ」に申し込みます。これがまたよりどりみどり。

 キャンプにはテーマがありまして、「スポーツ」「ダンス」「山登り」などの体を動かす系のものから、「イングリッシュ・キャンプ」のような語学系のもの、なかには「算数」がテーマの『今・・・夏休みだよね・・?』とキャンプ内容をもう一度確認したくなるプログラムまであるので、必ず子供にマッチする内容は見つかります。

 ポーランドのような北国に住んでいると、(日焼けはしたくなくても)太陽が恋しくなります。特に今年は長い冬が終わったと思ったら、雨季を思わせるような降水量、それにつづき洪水まで発生し、太陽をよく拝まないまま夏至を迎えたこちら。よって例年よりも更に太陽の光に感謝し、恵みを享受して・・・・今年もまた真っ黒になる自分がいるのでした。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.21.
日本人の私、好かれてる?
人間深く付き合えば国籍など関係なく友好関係を築けるが、そこに行き着くまでに「国籍」「民族」「宗教」という物差しがじゃますることも・・・。
06.23.
私に近寄らないで!真夏の危険な接近。
ポーランド、蚊の大量発生で国中大慌て!
06.09.
結婚シーズンの6月。結婚した証は何?
結婚指輪、ちゃんとはめていますか?
05.26.
彼女が離婚を選んだわけ
ポーランドの離婚事情、日本とは何が違う?
05.12.
自分のものは自分で守る - 防犯対策あれやこれや
泥棒なんて、撃退するわよ!ポーランド一般家庭の防犯システムのお話。
WRITERS NOTE
【NAME】ソルネク流 由樹
BONITAライターが、お届けするポーランドのこぼれ話。仕事の合間に読むのもよし、夜更けに一人で読むもよし。
<< 2017年5月 >>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031