私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.06.28.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 市川海老蔵4年ぶりのロンドン公演へ

市川海老蔵ロンドン公演

 人気歌舞伎役者の市川海老蔵が2006年以来4年ぶりとなるロンドン公演のためここ英国へやってきました。海老蔵の海外公演はパリ、オペラ座で行われた襲名披露公演以来2年ぶりとなります。

 ロンドンのエンジェルにあるサドラーズウェルズ劇場で6月4日から15日まで開催された同公演。演目は古典歌舞伎の「義経千本桜」で、注目の海老蔵は義経の家臣である佐藤忠信と源九朗狐の二役を演じました。

 実際に、歌舞伎ファンである筆者も同公演に足を運んできましたので、今回はその模様をリポートしたいと思います。

サドラーズウェルズ劇場にはKABUKIのポスター
サドラーズウェルズ劇場にはKABUKIのポスター
劇場入り口から大変な混雑!
劇場入り口から大変な混雑!

多くは英国人のお客さん

 午後7時頃プリシアター・ディナー(上演前の軽い夕食)を済ませて劇場に着くと、スタイリッシュな「KABUKI」のポスターが目にとまります。和服姿の関係者や高々と掲げられた(こちらもローマ字表記で)「KABUKI歌舞伎」ののぼりを目にすると、いよいよロンドンに歌舞伎がやってきた!という実感がわいてきますね。

 会場内に入ると、同公演を期待するお客さんたちで熱気ムンムン。綺麗な着物を着た日本人のお客さんもちらほら見かけましたが、なんと80%近くがイギリス人のお客さんでした。

 日本語や歌舞伎の基礎知識が分からない人のためには、同時通訳・解説付きイヤホンの無料貸し出しも。サドラーズウェルズはバレエやオペラを上演する劇場としてよく知られていますが、場内はコンテンポラリーでモダンな造り。意外にも定式幕をはじめとする和の空間と絶妙に調和しています。

和服の関係者の姿も
和服の関係者の姿も
会場内は熱気でムンムン
会場内は熱気でムンムン

日本伝統の世界

 午後7時半。幕が開くとそこは日本伝統の世界です。思わずイギリスにいることを忘れてしまいそうになります。

 海老蔵が登場し、見得を切るたびに客席からは大歓声が沸き起こります。特に源九朗狐の苦悩を見事に表現する海老蔵の演技は胸に迫るものがあり、涙を誘います。イギリス人のお客さんたちにも伝わる感動的なシーンでした。最後の源九朗狐が宙に舞うところはクライマックスにふさわしい華々しい場面となり、観客も大喜びです。

ロンドン公演用のノボリも
ロンドン公演用のノボリも
和と調和するコンテンポラリーな内装
和と調和するコンテンポラリーな内装

大成功に終わったロンドン公演

 カーテンコールでは、超満員の客席から惜しみない拍手が送られました。義経の都落ちなどイギリス人には馴染みの薄い歴史背景があるストーリーではありますが、親狐を思う一匹の孤独な狐の愛情を理解する心は万国共通なのではないでしょうか。

 イギリス人の観客の多くはイヤホン解説を頼りにしていたようですが、最後にはすっかりストーリーにのめり込み、興奮冷めやらぬまま劇場を後にしていったようです。今回の市川海老蔵ロンドン公演は、私の様な英国在住の日本人歌舞伎ファンの為だけでなく、日本の素晴らしい伝統芸能を広く海外に紹介する素晴らしい機会だったように思います。

幕が開けは、そこは日本
幕が開けは、そこは日本
カーテンコールには拍手喝采!
カーテンコールには拍手喝采!

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
09.17.
ロンドンを席巻する草間弥生アート!
ルイ・ヴィトンとのコラボで突如ロンドンに出現した草間ワールド!
09.02.
優雅で贅沢なロンドンを満喫!
5つ星ホテルでアフタヌーンティーをしよう!
08.20.
サマーホリデイでイギリスからヴェネチアへ
イギリスの人気観光地の一つヴェネチアを訪れました
08.06.
快進撃の五輪日本代表サッカー突撃レポート!
五輪に湧く英国でサッカー日本代表を応援してきました!
07.23.
ロンドン・オリンピックの聖火がやってきた!
わが街オックスフォードに聖火リレーがたってきました。
WRITERS NOTE
【NAME】山中彰子
イギリスのユニークなライフスタイル、ショッピングやグルメ情報など最新トレンドをレポートします
<< 2019年10月 >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031