私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2008.11.25.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 女を磨くマナー講座Vol.3:女子力アップの食事のマナー「和食編」

日本人として、まずは和食のマナーから

大人の女性として、絶対に身につけておきたいのが「食事のマナー」です。
上司やクライアントとの食事会、恋人とのデート。

美しい食事のマナーは、ビジネスシーンでもプライベートシーンでも必要とされる大切な要素です。


今回は、日本人女性ならきちんと押さえておきたい「食事マナー:和食編」をご紹介いたします。

献立を食べる順番にもマナーがあります

和食の献立の基本は「一汁三菜(汁物が一品、おかずが三品)」といわれています。


実は、この献立を食べる順番にもマナーがあります。
まず一番最初には、汁物をいただきましょう。
これには「箸を汁でしめらせておくと箸に汚れがつきにくくなり、その後も美しく食事ができる」という目的があるのです。

ちなみに、食べる前にお汁を箸でぐるりとかきまぜる行為は絶対NGです!

汁物の具が大きいときには、一度お椀を置いて箸で一口サイズに切り分けてからいただきましょう。
もちろん、音は立てずに上品に!

小骨の多い魚料理は、とくにマナーに注意して

骨が多い魚料理は、きれいに食べるのが難しい品でもあります。

皿の上で小骨まで必死で取り除こうとするあまり、身がボロボロになってしまっては美しくありません。
骨を取るなら見苦しくない程度に、口の中で感じた小骨は左手で口元を覆って、そっと箸でつまんで出しましょう。出した小骨は皿の端によせて置いてかまいません。

一匹まるごとの焼き魚などは上身からいただき、上身を食べ終えたら骨を取り、下身をいただきます。魚を皿の上でくるりと裏返しにしてはいけません。

ハンカチやナプキンの代わりに、懐紙を

これからのシーズン、みんなでお鍋を囲むことも多くなりますよね。
お鍋に入っているカニやエビなど、殻つきの物をいただくときには、手で直接つかんで殻をむいてOK。

こんなときに持っておきたいのが懐紙。洋食でいうナプキンのような物です。
汚れた手や箸先をふいたりする際に使いましょう。最近は百貨店などで購入できます。


和食で大切なのは美しい箸使い

和食で大切なのは美しい箸使い。

箸を美しく使ううえで、箸使いの禁止行為も色々ありますよね。「まよい箸」、「渡し箸」など誰もがしっているものもあれば、意外としらない箸マナーも。

例えば…

さぐり箸:下の方に盛り付けてある物をさぐり出して食べてはいけません。自分の好きなものが下に埋まっていても、そこは我慢して上にある物からいただきましょう。

もぎ箸:箸先についた汚れを口で取ってはいけません。

器のふたを取るときに:箸を持ったままではいけません。必ず箸を置いてから両手でふたを取りましょう。

作り手の、もてなしの心を大切に

和食マナーの前提となっているのが、「作り手の、もてなしの心を大切に」ということです。

和食には、お客様を喜ばせるために「器の模様」や「盛り付け」など、様々な工夫が施されています。その作り手の心を大切にするためにも、お刺身は盛り付けをくずさないようにできるだけ手前からいただいたり、お茶碗は模様のある面を自分以外の人にも見えるよう食卓の中心に向けて置くなどの気配りを忘れないようにしましょう。

細かいマナーを覚えるのも大切ですが、大元にあるこの考えも忘れないようにしましょうね!
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
04.14.
女を磨くマナー講座vol,10:たまには手紙を書いてみませんか?
すっかりメール文化が普筆跡や便箋の選び方など、メールと違って手紙からは書き手の人柄や真心が伝わります。ご無沙汰している友人への季節の挨拶や、何かをいただいたときのお礼状など、手紙を活用してみましょう。
03.06.
女を磨くマナー講座vol,9:始めてみましょう!四季の挨拶
四季の挨拶、最近はメールで済ませる人も多くなっているのだとか。しかし、日頃から本当にお世話になっている人達には、相手が心から喜んでいただけるような贈り物をしたいですよね。
02.27.
女を磨くマナー講座vol,8:今更聞けない?冠婚葬祭マナー
年齢を重ねるごとに増えていく、冠婚葬祭への参加。服装やご祝儀や香典の渡し方など、冠婚葬祭にはそれぞれ独特のしきたりが存在します。
02.13.
女を磨くマナー講座vol,7:パーティでのマナー
最近は結婚式がカジュアル化した立食形式のレストランウエディングなども増えてきています。このようなシーンでよりスマートな振る舞いができるよう、パーティでのマナーもきちんと身に付けておきましょう!
01.30.
女を磨くマナー講座Vol,6:彼の実家に招かれたときのマナー
付き合っている恋人との期間が長くなれば、ある日彼のご実家に招待されることがあるかもしれません。そんなときに避けられないのが彼の両親とのご対面。
WRITERS NOTE
【NAME】中野 有子
頑張る女性たちの「しあわせ」をお手伝いしたい! マナー講師の資格を生かして、主に「ワーク」と「ビューティ」のカテゴリーを担当します。
<< 2019年11月 >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930