私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.05.13.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ メ的☆地下鉄物語

メキシコにも地下鉄はあります!

 首都のメキシコシティではそれはもう、縦横無尽に地下鉄が走り、通勤通学の皆さんの足として大活躍しています。

 メキシコ第二の都市グアダラハラにも、地下鉄はあるんです!(エヘン!)

 

 といっても、路線は2種類、駅も29駅、両路線併せてその距離は24kmほど。ま、ちょっとした都会気分を味わえる地下鉄、とでも申しましょうか。

 

 開通はそれぞれ1989年と1994年。それまでは必要性が無かったためと、技術的な問題で、グアダラハラは地上を走るトロリーバス、路線バスしかありませんでした。なにしろグアダラハラとその周辺都市部の広さは300㎢、東京23区の半分以下の広さ。
 必要ないっちゃぁ、必要ない、感じもしますがね、地下鉄。それでも、交通量を減らして大気汚染の軽減に努めようと導入したわけですよ、地下鉄を。今後もまだ延伸させる計画があるとかで。

 

さて。乗ってみました。

一見、地下鉄の入り口には見えませんが。
一見、地下鉄の入り口には見えませんが。
シンプル過ぎる券売機。
シンプル過ぎる券売機。
モニターずらりでかなり面白そう。
モニターずらりでかなり面白そう。
女性専用車両のマーク
女性専用車両のマーク

 普段、車で隣町から都市部に来るので、私自身、地下鉄を使うのはこれが二度目(きゃは!)。

 

 まずは入り口。こちらの入り口は、その2線が交わる一番大きなJuarezフアレス駅。一日の乗降者数‥どれぐらいなもんでしょう。ちょうど今は帰宅ラッシュの時間。乗り換えをする人が多く、電車が着く度に人々があちらからこちらへ。
 乗降エスカレーターも稼動しております。東京ではエスカレーターは片側に留まってのり、片側はエスカレーター上を歩いてのぼる人のために空けておきますが、こちらはそのようなことはなし。なにしろ、エスカレーターがある事自体がめずらしい。そう言ってしまっては語弊があるかもしれないけれど、乗り馴れない人が多いようにも見受けられます。

 

 キップ売り場。

 路線の案内図なんでありません。キップも一律、どこまで乗っても6ペソ(45円程度)。キップ代わりになるのがコインの両面に筋の入った専用トークン。これを、回転バーのついた「自動改札」にちろんと入れて、自分でバーを押して入ります。カード式もあるようです。

 

 床はすべて、ぺっかぺかに磨かれた?大理石。これ、濡れたモップで掃除した後は危ない!それほど、つるっつる。

 ホームに下りると、2線の地下鉄と地上を走るマクロブス(地下鉄延伸予定地から走る地下鉄代わりのバス)を管理するコントロール室。ここ、実はずっと張り付いてみていたい程、面白そう。

 

 そして!なんと!

 女性専用車両区域を発見!

 日本だと、何時から何時までと詳しく書いてありますが、ここは「女性専用」とだけ。戸惑っている男性も多く見られます。
 

車内アナウンスなし

私立大学の全面広告
私立大学の全面広告
何系なんだろう、小さめ車両です。
何系なんだろう、小さめ車両です。
ちゃんと優先席も考えられています。
ちゃんと優先席も考えられています。

 地下鉄と言っておきながら、その1/3の区間で地上を走るためか、ラッピングバスならぬラッピング地下鉄、地下鉄の車両すべてを宣伝に使用しているものがいくつか走っています。
 車両といっても、2個続いたものが2つ、つまり4両のみ。かわいい。そして、車両のサイズも小さめで、東京で言えば大江戸線のサイズ。座席は日本より少なめ。

 さて。日本の電車、地下鉄車内では、次の駅の名前、乗り継ぎできる電車の案内、その他乗車マナーについて(携帯電話を切りましょうとか)の放送がありますよね。むしろ、無音であることのほうが少ないくらい。

 こちらでは、車内アナウンスは皆無。
 きれいさっぱり、なし。
 駅の名前すら言いません。これってそうとう不便。
 ここだけではなく、メキシコシティの地下鉄も車内アナウンスは皆無。
 それってバリアフリー的視点からするとどうなのよ?と、地下鉄会社に投書でもしたくなっちゃいます。

 おっと。優先席のマークはしっかりあります。そうです、譲り合いの精神が大切。
 

必要か否か?

 中には、この地下鉄の存在を怪訝に思う(延伸するにあたって樹木を切ったり工事で渋滞するから)声もありますが、賛成論もある事は確かです。
 それは、地下鉄=都会のもの、ということで社会のモラル、ルールを教育していこうという考え方。
 たしかにそう言われてみれば「お下りになる方を待って、御乗車ください」という暗黙のルールは、実際に生活で使わなければ身に付かないもの。存在意義の1つかもしれません。
 

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.30.
メ的手吹きガラス
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
06.28.
メキシコ 春?模様
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
05.18.
メ的自然美を求めて
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
04.19.
メ的物件探し~その2
物件探しは契約にサインするまでが大変!
04.10.
メ的物件探し
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!
WRITERS NOTE
【NAME】萬田 海晴
メキシコ生活、早くも2年半が経ち、気がつけば6足のわらじ。。。それでも、毎日楽しく過ごし、つねにGracias Mexico!と叫んでおります。
<< 2021年3月 >>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031