私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.04.15.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ メ的☆高原の風

高速から山に向かいます
高速から山に向かいます
 「メキシコのスイス」って、そりゃいくらなんでも無理があるっしょ? グアダラハラから車で1時間半の所に、たっぷりの森林と山に囲まれた「メキシコのスイス」と呼ばれる場所がありました。

 グアダラハラから西南に1時間半。Lago de Sayulaラゴ・デ・サユラという塩湖の真ん中を突っ切るまっすぐな高速を通り、右側の山に向かいます。

甘い空気って本当にあるのね!

ここがメキシコ?と言いたくなります
ここがメキシコ?と言いたくなります
 日光のいろは坂(!)を彷彿とさせるくねくね道を山に向かって上がる事30分。
 ようやく「タパルパへようこそ!」の看板が見えて来ます。ここからが、例のスイス。一般的なメキシコ家屋とはその作り方も色合いもまったく異なり、三角屋根に木枠の窓、壁も白と地面に近い所のレンガ色で統一。自然に溶け込んでいます。
 うん、言われてみれば「スイス」かも(行った事無いけど!)

 山肌にへばりつくようにして建っている家屋は、古そうですが良く手入れされ、花壇の花も明らかに下界(グアダラハラ周辺の街)とは異なっています。時々、風力発電のための小さな風車もあったり。

 松林に囲まれているせいか、谷を渡る風はほんのりと甘く香ります。放牧地を左右に見ながら7km進むと、このタパルパの街の中心に入る道を発見。ですがまず先に行きたい所が。
 反対方向の細い道を、これでいいのか?と怪訝に思いながら進みます。住宅は少なくなり、明らかに「山道」。4WDではないので慎重にゆっくり。う~ん、空気がいい!小高い丘といくつかカーブを抜けると、途端に目の前に草地が広がります。ここが最初の目的地、Las Piedrotasラス・ピエドロタス。

Las Piedrotasでごろごろしましょ

草っぱらで、なにをするのもご自由に
草っぱらで、なにをするのもご自由に
 のどかに広がる草原は緩やかに起伏し、はるか向こうの山までなだらかに続いています。
 その真ん中に、ごろんごろんと、巨大な岩が転がっているのです。
 長い年月の間、風雨にさらされたせいか、表面はなめらかに鳴ってしまっていますが、よく見ると火山性の岩石であることもわかります。
 それは、何万年も前にここから直線距離で約10kmのところにある火山Volcan de Colima ボルカン・デ・コリマから吹っ飛んできたんだとか。当時は海の中だったここも、隆起と砂浜の浸食などにより岩だけがのこり、今のような面白い景色になっています。
 
 休日には、岩の間に張ったロープにぶら下がってターザンごっこ?もできたり、街から馬を借りて乗馬が出来たり、家族でのんびりピクニックもできたりと、かなり自由に過ごせる場所になっています。

そりゃ腹も減る

もちろん、夜には綺麗にライトアップされます
もちろん、夜には綺麗にライトアップされます
 さて。お腹もすいたのでタパルパの街へ。

 ここはメキシコ政府観光局が推奨する「Pueblo Magicoプエブロ・マヒコ 魔法の村」に指定され、歴史的建造物や民芸、自然遺産が豊富な事を示しています。街の中心には350年前に建てられた教会があり、そこから細い坂道で繋がる街が広がります。

当然、美味しいものもいっぱいです

焼きチーズは写真の前に食べちゃいましたので、アラチェラのステーキをどうぞ。
焼きチーズは写真の前に食べちゃいましたので、アラチェラのステーキをどうぞ。
 この街の自慢はなんと言っても、周囲の牧場から仕入れるミルクで作る乳製品。「焼きチーズ」がどのレストランでも楽しめます。
 濃厚なミルク風味でありながら、でもさっぱりとして、トルティーヤに包んでぺろっと食べられてしまうので恐ろしい。
 
 そして、牛のハラミ肉のステーキ、アラチェラもご自慢。真っ赤な肉は脂肪分も少なく、炭火で焼くとなんともさっぱり。なのに肉汁たっぷり。焼き肉部の皆さんも大満足の大きさ(二人でも余る程)で、お値段も700円しません。
 美味しい空気、目に優しい景色、そして美味しい料理。美味しいものばかり。
 街を中心にいくつかみどころのあるタパルパは、当然のことながら週末は家族連れなどで御賑わいになるんだとか。
 山の中の湖で釣りを楽しんだり、乗馬、遥か眼下に広がる塩湖に向かってパラグライダーをしたり。キャンプ場、週単位でのんびり過ごす山小屋も沢山あるので、たっぷり時間を使って楽しむことができそうです。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.30.
メ的手吹きガラス
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
06.28.
メキシコ 春?模様
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
05.18.
メ的自然美を求めて
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
04.19.
メ的物件探し~その2
物件探しは契約にサインするまでが大変!
04.10.
メ的物件探し
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!
WRITERS NOTE
【NAME】萬田 海晴
メキシコ生活、早くも2年半が経ち、気がつけば6足のわらじ。。。それでも、毎日楽しく過ごし、つねにGracias Mexico!と叫んでおります。
<< 2020年2月 >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829