私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.04.08.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ メ的☆夏時間

夜9時でも明るい夏時間

これ、夜の7時半過ぎですが、まだまだ遊べる明るさでしょ?
これ、夜の7時半過ぎですが、まだまだ遊べる明るさでしょ?
<トップ写真:夕闇に映えるテキーラ山。かっこいいでしょ!>

 メキシコでは、今年は4月4日からサマータイム(夏時間)がスタートしました。
 日本でも導入をめぐって賛否あるこのサマータイム、ちょっとおさらい。

 北半球では春分から秋分にかけて、「太陽の出ている時間」が長くなりますよね。それを利用して、一日のスタートをそれまでより1時間早めることにより、「昼間」の時間をより長く楽しもう、ということ。
 退社時間の夕方6時が、昨日までの5時の明るさになる、というわけ。

 なので、日が暮れるのも夜の8時過ぎ。一番日が長い時には9時過ぎまで、お外が明るいのです。

子供は夜、遊べ!

 メキシコ国内は3つのタイムゾーンに分かれていますが、日本との時差は冬時間で15~17時間。
 これが、夏時間になると1時間縮まるので14~16時間。 
 つまり、冬時間の時の日本のお昼12時は、こちらグアダラハラでは前日の夜の9時。それが夏時間になると夜の10時、となるのです。解りました?

 ええ、毎年、私も????状態になります。(メキシコ国内でも「意味ないじゃん」と、潔くサマータイム制度を導入していない州もあります。)

 さて。で、じゃあその(気分的に)長くなった夜をどう楽しむのか、メキシコ人?というと‥もちろん遊びます。読書なんかに使いません。

 もともと、メキシコでは「子供は夜遊ぶもの」。
 なぜかというと、学校が終わってお昼ご飯(3時頃)を食べ終わったころはまだ暑く、5時6時までは西日がキツいので御昼寝の時間。夕暮れになって涼しくなってから、外でわちゃわちゃ遊ばせます。奥さん達はそれを見ながら、全世界共通の「デスパ妻」と化すわけで。
 その子供達も夏時間を有意義に使って、夜中の11時過ぎまで(!)サッカーやスケートボードなどで家の近所で遊びます。


ジジババもみんな一緒に夜歩き

脂っこいですが、夜でもno hay problema(問題なし!)
脂っこいですが、夜でもno hay problema(問題なし!)
ライトアップされた教会もなんだか楽しげ
ライトアップされた教会もなんだか楽しげ
 街の中心、セントロとかプラサなどと呼ばれる広場には、まだ明るいうちから露店が店を広げ始め、夕闇が迫る頃にはもうどこから出て来たのか、家族連れで賑わうようになります。
 ティアンギス・夜部門の始まり、と言った所。

 日が落ちて涼しくなった広場はオレンジ色の街灯で照らされ、皆様の心の拠り所の教会はライトアップされ、とりどりのネオンの露店にそぞろ歩きをする人々。なんだか毎日、お祭りの夜のような雰囲気です。

 がっつりお昼を3時過ぎに食べたみなさん、この時間になるとちょいと小腹が空き始めるのか、もちろんタコス屋さんは人だかりだし、若い世代だけでなくジジババも大好きなのがフレンチフライとソーセージフライのお店。これにマヨネーズ、ケチャップ、チリソースをどばどばかけた物を、嬉しそうにかかえて歩き続けます。
 その他、各種デザート類(プリン、ゼリーのお店、菓子パン、カットフルーツ、スナック菓子、ガリガリと歯ごたえのあるポテトチップスなど)も大繁盛。
 
 この光景を見て思うのは、みんな大抵家族単位で行動しているということ。

 よく日本では「じいちゃんはお留守番」だったり、もともとが核家族での生活だったりするのですが、ここは3世代同居が当たり前だし、家の建物は違っても同じ一角に住んでいるので、お出かけも一緒。赤ちゃんからティーンエイジャーの子供とその彼氏彼女、息子夫婦、お姉さん夫婦にジジババと。
 歩き疲れたら広場のベンチに腰掛けて、夜食代わりのおやつを食べながらおしゃべり。

広場の真ん中のキオスクも、大にぎわい
広場の真ん中のキオスクも、大にぎわい
 広場に行かない人は、家の玄関先に椅子を出して、夕涼みをしながら、街行く人々の観察。あくまでも、のどかです。
 もちろん、個室でテレビゲームに夢中になったり、熱いメロドラマを見たりするインドア派も多くいるでしょうが、この夜のそぞろ歩きが基本。

 もしくは、昼間の熱をまだ抱えているサッカー場で、夜のサッカー練習や、お父さんリーグの練習試合があったり。このあたりはまたいずれご紹介しますね。

 

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.30.
メ的手吹きガラス
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
06.28.
メキシコ 春?模様
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
05.18.
メ的自然美を求めて
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
04.19.
メ的物件探し~その2
物件探しは契約にサインするまでが大変!
04.10.
メ的物件探し
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!
WRITERS NOTE
【NAME】萬田 海晴
メキシコ生活、早くも2年半が経ち、気がつけば6足のわらじ。。。それでも、毎日楽しく過ごし、つねにGracias Mexico!と叫んでおります。
<< 2021年3月 >>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031