私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.04.05.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 泣き笑い!イギリス人との国際結婚

国際結婚のイメージとは?

山あり谷ありの国際結婚生活
山あり谷ありの国際結婚生活
皆さんは国際結婚というとどのようなイメージをもたれるのでしょうか?私自身も国際結婚をしているものの一人ですが、よく周りからは『旦那サマは、さぞかしジェントルマンなのでしょう』とか『ハーフの子供が産まれたらかわいいでしょうね』と言われることがあります。もちろん皆、私に気を使ってお世辞を言ってくれているだけかもしれませんが、実際の国際結婚は一言では決して言い表せない複雑なものだと思います。

特に「英国人は紳士的」という(少々ステレオタイプな)イメージも手伝ってか、イギリス人の旦那さんは奥さんをお姫様のように扱うジェントルマンであると考えられている傾向があるようです。確かに、英国人(をはじめとする欧米人)は気配り上手であることは確かです。例えばドアを開けた人が後から続く人のためにドアを押さえておかないで、後ろの人の鼻先でドアが閉まってしまうというようなことはイギリスではなかなか起こりえません。これは日本でよく目にする光景で、欧米人の多くが「なんて無礼なんだ!」とショックを受けている姿を何度か見たことがあります。

そういった小さな気配りは確かに欧米人のほうが得意なようです。しかし、自分の奥さんを手放しでお姫様のように扱うイギリス人の旦那さまというのは決して現実的なイメージではないような気がします。

価値観の違いを埋めるのは歩み寄りが大切

国際結婚で一番大事なことは言葉(会話)です。『〝愛″に言葉なんて必要ない』を言う人もいますが、これは「真っ赤なウソ」です。お互いの言語や文化に精通していることは重要な条件です。

お互いに異なる文化で育ってきたということは、かなり違う価値観を持っていることはあたりまえのことです。そういうわけで、結婚生活の中で自分の価値観を否定されることは、しょっちゅうあります。そこでムッとして必ず喧嘩になります。ここでお互いの立場を説明し、歩み寄っていくのに言葉が必要になります。しかも、できるだけ正確に伝えられるだけの語学力が必要です。そうでなければ、関係はどんどんこじれて行ってしまうかもしれません。

また、イギリス人(ヨーロッパ人)は個人主義とよく言われているように個人個人を尊重します。つまり、一人ひとりが自立し、自分の意思ですべてを行うことを大事にしています。そういった考え方から、奥さんを(小さな子供がいない限り)専業主婦にしておこうという考え方は始めからありません。日本人の奥さんがイギリス(異国の地)で(完璧でない)英語で仕事を見つけるというのは決して簡単なことではありませんが、旦那さんがその事実を理解できるようになるまでは時間がかかることがあります。

実際に、英国人の女性の多くが「専業主婦にはなりたくない」と考えている人が多いので、男性もその考え方に慣れているようです。お金が目あてなわけではなく、一人の人間として(経済的にも精神的にも)自立するべきというイギリス的な考え方があるのです。
イギリスと日本の家族の価値観は違うことを知る
イギリスと日本の家族の価値観は違うことを知る
お互いの考え方を分かち合うためには会話が大切
お互いの考え方を分かち合うためには会話が大切

配偶者の家族・友人との交流も重要

結婚する時は盲目的に「旦那さえいれば何もいらない」と思い切って旦那さまのふところへ飛び込んでいくかもしれません。しかし、(日本人同士の結婚にも言えることかもしれませんが)結婚とは旦那さんの家族や交友関係の付き合いも付いて回ります。

イギリス人の旦那さんと結婚されて5年目のAさんは「旦那に毎週パブに連れて行かれるんだけど、旦那の友達もたくさんやってきて…。みんなでワイワイ飲みながら喋っていて英語が早くて聞き取るのが大変。そのうち私だけ置き去りにして、みんなで楽しそうに盛り上がってしまうの。それが辛い」と話してくれました。結婚3年目のBさんも「旦那と旦那の友達が集まると、英語が上手くない私の存在をすっかり忘れてしまって…最後には私独りでぽつ~んとなってしまうのがさびしい」という経験が何度もあるそうです。

イギリス人は、友人を自宅に招いたりディナーをふるまうことが多い(少なくとも週に1回はあります)ため、旦那さんの友人たちとも付き合わなくてならなくなります。さら日本では、自宅で友人や知人をもてなすことが滅多にないため客人を(英語で)エンターテインすることにストレスを感じてしまうこともあるようです。

国際結婚をしていると、実際にさまざまな楽しい発見もたくさんあります。しかし、同時にお互いの地道な努力と忍耐によって支えられていくものなのだと思います。
毎週パートナーの友人たちをもてなすことにも慣れる
毎週パートナーの友人たちをもてなすことにも慣れる
末長く仲良しの夫婦でいたいものです
末長く仲良しの夫婦でいたいものです
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
09.17.
ロンドンを席巻する草間弥生アート!
ルイ・ヴィトンとのコラボで突如ロンドンに出現した草間ワールド!
09.02.
優雅で贅沢なロンドンを満喫!
5つ星ホテルでアフタヌーンティーをしよう!
08.20.
サマーホリデイでイギリスからヴェネチアへ
イギリスの人気観光地の一つヴェネチアを訪れました
08.06.
快進撃の五輪日本代表サッカー突撃レポート!
五輪に湧く英国でサッカー日本代表を応援してきました!
07.23.
ロンドン・オリンピックの聖火がやってきた!
わが街オックスフォードに聖火リレーがたってきました。
WRITERS NOTE
【NAME】山中彰子
イギリスのユニークなライフスタイル、ショッピングやグルメ情報など最新トレンドをレポートします
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031