私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.04.06.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ アメリカ☆小児科医の決め方

小児科医の選び方

待合室には映画やアニメが流れています。
待合室には映画やアニメが流れています。
天井からは宇宙の模型がぶら下がっています。
天井からは宇宙の模型がぶら下がっています。
 アメリカでは出産前に小児科医を決めておくのが普通です。そのため、妊娠中に小児科医のインタビュー(面接)をしなければいけません。
 検診や予防接種で産後に通うことが多くなりますから、自宅から遠くないことが大切ですが、医者との相性が一番大切。まず面接をしないことにははじまりません。その時に聞きたいことをまとめておきます。

 日本だと医者選びの為に面接をする話はあまり聞きません。
こちらだとこれがあたりまえなので、医者のほうも慣れたもので病院を案内してくれて、緊急時のシステムを説明してくれたりします。

 私達が面談した小児科医は隣近所の奥さん(看護師)と、私達のかかりつけの産婦人科医のかかりつけの医者だそうで、二人からすすめられたた人でした。こういった口コミは医者選びにかかせません。妊娠中のマタニティクラスでも、参加している人との会話では「どこの小児科医にしたの?もう決めた?」という話題がでます。

 私の場合、二人の医療関係者からのおすすめもあって、会う前からほぼ、この先生で・・と心は決まっていたものの、会ってみて嫌だった場合は他の小児科医を探すつもりでした。

 幸いとっても良い先生で自分の子供をぜひ診てもらいたいと思える人だったので、小児科医選びは簡単に決めることができました。同じマタニティクラスの夫婦は、3人候補がいて一人は面談済みだけど、気に入らなかったと話してました。自分の子供を診てもらうことになるので、医者選びは慎重にならざるを得ませんね。

子供が喜ぶクリニックのオフィス

カラフルなビー玉の壁に子供たちは大喜びな診察室。
カラフルなビー玉の壁に子供たちは大喜びな診察室。
 小児科医のオフィスは、子供たちが喜ぶような造りになっています。
 待合室にTVがあるのはあたりまえ。アニメーションや映画が常に流されてます。天井からは宇宙の模型がぶらさがっています。土星や金星がぶらさがっているのです。

 診察室の壁紙はとってもカラフルです。私達が入った診察室の壁は一面ビー玉でした。診察台に横になった赤ちゃん達がキャーキャーと喜びます。カラフルな色が目に入ってきて嬉しいようです。 

 また待合室は病気の子と、そうでない子(検診や予防接種の子供達)で別れています。入り口も別々になっています。子供に対する配慮が素晴らしいと思える小児科のクリニックでした。

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
04.20.
人にも環境にも優しいエコ商品
アメリカのエコ系、オーガニック系商品で有名な「seventh GENERATION」のエコオムツ!?
03.23.
アメリカ☆授乳事情
母乳育児推進中、アメリカの授乳事情をご紹介
03.09.
アメリカで出産☆病院食ってどんなの?
まるでレストランのような演出も!アメリカの病院食をご紹介
02.23.
アメリカで出産☆びっくり医療費!
アメリカの医療費の高さは、わかってはいても驚く!高額な出産費用
12.15.
アメリカの母親学級に参加!
日本で妊娠中行われる「母親学級」「両親学級」などの準備教育はアメリカでもあります。アメリカでは病院で行われることが多いようです。
WRITERS NOTE
【NAME】ケイ ブラウン
海外の暮らし、日常生活、学校生活、料理、ワイン、海外芸能ゴシップ、エンターテイメント情報、英語の勉強、美容など海外生活ならではの情報をとりあげていきたいと思っています。
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031