私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.03.11.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ メ的☆結婚式 その2

時間をたっぷりかけた披露宴

 日本の結婚式・披露宴というと、どうも堅苦しい感じでして。
 借りている会場も前後があるからか、時間きちきちで、司会進行役もがっちり時間をみながら「押さないように、押さないように」となかば必死(司会経験があるのでその辺の苦労はようわかる)

 さて、全国的に時間にはゆる~いメキシコの披露宴はどうなんでしょ?

広いお庭で披露宴

ぎょうさん呼んどいたでぇ~!
ぎょうさん呼んどいたでぇ~!
 先週に引き続き、Alfonso&Alejandraの結婚式その後の披露宴をお伝えします。
 こちら、新郎側一族所有のどでかい「La Quinta(庭)」にて行われました。ミサの教会から車で10分ほどのところですが、La Quinta周辺は参加者の車で大渋滞。だって普段は静かな田舎町のはずれ、一方通行の一車線ですもの。会場周辺の駐車はすべて参加者のもの。多少「間違って」停めていても、この日ばかりはキップは切られません(ビバ・メヒコ!)

 お庭の芝生は真っ白なパーティ用テントが張られ、10人がけのテーブルも25以上。ということは参加者は250人以上?この規模、メキシコの結婚式では「小さい方かな」とのこと。
 どんだけ呼ぶんだ!

カップルのダンスから

どこまでも甘~く♡
どこまでも甘~く♡
 飲み物、簡単なおつまみが供され、生バンドが音楽を奏でる中、拍手で迎えられた新郎新婦。まずは入り口付近で撮影と挨拶大会ふたたび。気づくと、「司会」っていないのね。ふ~ん。

 パーティの始まりは「新郎新婦のダンス」から。

 二人が選んだ「記念の曲」の中、べったべたに甘~い雰囲気のなか、まずは二人だけが踊ります。その後、親戚だとかごく近い人達が彼らと代わる代わる踊って行きます。

 もちろん、ブーケトスも。テーブルでごった返す会場真ん中(なんでこんなとこで!)に「シングル女子集まれ~!」と集まって来た女子達に向け、お決まりの後ろ向きブーケトス。今回はなんと、彼氏付きで訪れていた親戚の18歳女子がみごとキャッチしました。

男子、妻の尻に敷かれよ!って?

しっかりエプロンつけて、尻に敷かれちゃってください!
しっかりエプロンつけて、尻に敷かれちゃってください!
 で、面白いのがその次。
 「シングル男子あつまれ~」と。男子?
 すると、新郎の影でドレスをたくしあげておもむろにガーターをはずす新婦。これを、同じように後ろ向きで男子に投げつけます。どういう意味があるんだ?女子をゲットせよ、ということか?

 友人Ana Laura(アナ・ラウラ)とEric(エリック)の式でも、面白い事が。
 新郎とその友人男子達が、今どきどのおばはんがつけるのよ?というベタなエプロンをくびにかけて大はしゃぎしています。

 エプロンはスペイン語でMandil、この儀式?もMandilと呼ばれ、結婚したら男子は奥さんの尻にしかれるべし!という、いかにも「ママが世界の中心」のラテンらしいもの。こうして、恋人時代は男性優位、男性主導のカップルも、結婚して「家庭」になったらママ主導に変って行くのねぇ~。

明け方まで延々と続く‥

カップルの席は一層、豪華に飾られています
カップルの席は一層、豪華に飾られています
ピエロも登場するのが普通。見よ!この笑顔!
ピエロも登場するのが普通。見よ!この笑顔!
 パーティ大好きなメキシコ人。
 結婚式披露宴ではみんな、10代の子供みたいにはしゃぎます。
 クラウン(ピエロ)を呼んでみたり、仮面舞踏会のようなマスクや派手派手カツラ、ちょっと安っぽいコスプレの小道具みたいなものをみんなにばらまき、踊る踊るの大騒ぎ。
 みんなで電車ごっこみたいに並んで、テーブルの隙間をビール飲みながら歩いたり。素朴だなぁ~。

 日本のように、涙の「ご両親への花束贈呈」なんてありません。手紙の朗読もありません。そんなしゃっちょこばったイベント、出し物、親戚のおじちゃんの「○○ちゃんが小さい頃は~」なんて恥ずかしいトークもありません。
 
 ただひたすら、音楽がかかり、踊り、食べ、飲み、飽きると誰かのテーブルに行き、踊り、喋り、が数時間。夕方に始まるパーティが終わるのは、大体明け方。
 ほぼ12時間、パーティは続きます。となると、当然みんなまたおなかが空く。したがって、夜中過ぎにまたディナーが供される、と。それにしてもなんともタフなメキシコ人。
 ま、翌日はがっつり、みなさん眠るんですけどね。

 ともかく、Alejandra & Alfonso, Ana Laura & Eric、末永くお幸せに!

<来週は、手作りの素焼き民芸品を作る職人さんをご紹介!>

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.30.
メ的手吹きガラス
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
06.28.
メキシコ 春?模様
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
05.18.
メ的自然美を求めて
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
04.19.
メ的物件探し~その2
物件探しは契約にサインするまでが大変!
04.10.
メ的物件探し
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!
WRITERS NOTE
【NAME】萬田 海晴
メキシコ生活、早くも2年半が経ち、気がつけば6足のわらじ。。。それでも、毎日楽しく過ごし、つねにGracias Mexico!と叫んでおります。
<< 2020年9月 >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930