私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.03.10.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ 春ですよ、女性の皆さん お待ちかねのお仕事ですよ!

皆喜んでとりかかる珍しい?仕事。

イースターエッグと家にあった半端ものの紐でデコレーション。
イースターエッグと家にあった半端ものの紐でデコレーション。
春の仕事、前回の男性編に続きまして今回は女性編。

 ポーランド、ただいま春を待っております。
日本にいた頃は『イースター』と聞いても、読んでも、見てもピンときませんでしたが、長く厳しい冬の国ポーランドに住んでいると、イースターと聞くだけでウキウキしてきます。
春ですよ!春の到来。
無彩色だった世界から、目にまぶしい新緑の世界にかわります。
 
 大多数の日本人にとって、春の到来が劇的な喜びといったら大げさに聞こえますが、こちらはまさにそれ。花粉症で鼻水がでようが、紫外線でばっちり日焼けしようが関係なし。春は皆が無条件でうれしくなるポーランド。あまりに嬉しくて大声で『ハレルヤ』を歌いたくなるほどです。
 こちらがそのジェジュハ。単品では特に必要とされませんが、イースター当日の朝食にはどうしてもテーブルの上にほしいこの緑。
 こちらがそのジェジュハ。単品では特に必要とされませんが、イースター当日の朝食にはどうしてもテーブルの上にほしいこの緑。

 とはいいましても、春の初めですから外はまだ『春の気配』を感じられる程度。それなら家の中を春一色にしましょう!と皆さん、かなり気合を入れてイースターデコレーションを頑張ります。その力の入れよう、それだけ情熱こめて他の仕事もしたら、この国の国民総生産はもっとあがるだろうにと、余計なことを考えずにはいられません。
 デコレーションは小さい置物から、果てはカーテンまで春用の花のモチーフに替える家もあります。

 そしてあちらこちらに飾られるカラフルなイースターエッグの作り方は、以前こちらで触れましたが、1週間ぐらい前から多くの家で準備されるのがジェジュハとよばれる、味がカイワレ大根に似ている緑の葉っぱ。

 色で、目を楽しませてくれて、イースター当日は食べてもよし。
 大人のデコレーション。日本でもまねのできるシックさ。
 大人のデコレーション。日本でもまねのできるシックさ。
 ご近所さんのドアの前。購入することもできますが、大抵皆さん自分でさっさと作ります。
 ご近所さんのドアの前。購入することもできますが、大抵皆さん自分でさっさと作ります。

少ないイベント・デコレーション

 ここまで大きいデコレーションはいらないかと・・・
 ここまで大きいデコレーションはいらないかと・・・
 日本では、正月に門松でかざり、こどもの日には兜、桃の節句にはお雛様、十五夜にはお団子とすすき、とどめはクリスマスにはクリスマスツリーと季節に合わせた飾り物が結構ありますが、ポーランドで、シーズン物の飾りはこの『イースター』と『クリスマス』ぐらいなものですので、そりゃ気合が入るのは頷けます。

 めんどくさいことが大嫌いな私でさえ、ウキウキするのですから。壁に鳥のモチーフやお花をかざり、窓際にも卵を転がして気分は『さぁ、春よ来い!』。


仕事をえり好みさせてください

 ウサギの鉢置きに花を飾って玄関を春色にデコレーション。見ているだけで、にっこりしてしまいます。
 ウサギの鉢置きに花を飾って玄関を春色にデコレーション。見ているだけで、にっこりしてしまいます。
 客をもてなすのが大好きなポーランド人。この時期はよそ宅への訪問もいつもより楽しくなります。よそ宅のデコレーションを見て、『よし、来年は我が家もこのデコレーションをやってみよう』と密かに思っているのは私だけではないはず。

 ちなみに、この春の『仕事』は、家中のカーテンの洗濯と窓拭きもセットとなってついてきます。

 私、セットじゃなくて単品注文したいかも・・・。
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
07.21.
日本人の私、好かれてる?
人間深く付き合えば国籍など関係なく友好関係を築けるが、そこに行き着くまでに「国籍」「民族」「宗教」という物差しがじゃますることも・・・。
07.07.
待っていました。バカンス到来!
待ちに待った季節がやってきました。さて、今年はどうしましょ。
06.23.
私に近寄らないで!真夏の危険な接近。
ポーランド、蚊の大量発生で国中大慌て!
06.09.
結婚シーズンの6月。結婚した証は何?
結婚指輪、ちゃんとはめていますか?
05.26.
彼女が離婚を選んだわけ
ポーランドの離婚事情、日本とは何が違う?
WRITERS NOTE
【NAME】ソルネク流 由樹
BONITAライターが、お届けするポーランドのこぼれ話。仕事の合間に読むのもよし、夜更けに一人で読むもよし。
<< 2019年11月 >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930