私を幸せにするライフスタイル BONITA message ~ いろいろな女性が自ら発信するコラム型WEB
私を幸せにするライフスタイル BONITA message
2010.03.09.更新
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

■ アメリカで出産☆病院食ってどんなの?

アメリカの病院の食事ってどんな?

ランチメニューの一つ、「ローストポーク with パイナップルサルサ」
ランチメニューの一つ、「ローストポーク with パイナップルサルサ」
ディナーメニューの一つ、「クリスピーチキンサラダ」おいしそうでしょう?
ディナーメニューの一つ、「クリスピーチキンサラダ」おいしそうでしょう?
帝王切開で出産のためアメリカの病院に3日間入院しました。入院中の食事ですが、きっとまずいだろうと期待はしてませんでした。きっとサンドイッチやハンバーガーだろうと予想。

午前中の手術でしたので、その日のランチと夕食は流動食ということで具のないコンソメスープとゼリー。術後の痛みや麻酔のせいで食欲は全くないので、こんな素っ気ないメニューでも全く問題なし。

次の日の朝食はホットケーキとスクランブルエッグ。梅干しの入ったおかゆが欲しいところですが、ここはアメリカ・・我慢我慢。ランチからは普通食に。好きな物がメニューから選べました。もちろん付き添いで一緒に寝泊まりしている夫も無料で食事を選べます。選べるといっても、日替わりメニューで選択は二つしかありません。例えば月曜日のランチは、イタリアンスタイルのミートローフか、コブサラダ with ミネストローネのどちらかを選べます。

帝王切開当日のランチメニューから、夫が選んだのは「ローストポーク with パイナップルサルサ」でした。

アメリカ病院のお祝い膳

ステーキとロブスターのアメリカ版お祝い膳といったところ?
ステーキとロブスターのアメリカ版お祝い膳といったところ?
私が出産した病院では、入院中の間、1回スペシャルミールが用意されるとは聞いてました。なんでも夫婦でお祝いとして素敵な食事をというサービスでステーキが食べられるとか。日本の産院でもこういったサービスはあるそうですね。

入院3日目のランチにスペシャルミールをオーダーしてみました。ウェイターの格好をした人が、丸テーブルを運んできて白いテーブルクロスをかけてくれます。バラの一輪ざしも飾ってあって、まるでレストランのテーブルのような演出をしてくれます。

そして、お皿にはロブスターとステーキが!これが日本でいうお祝い膳にあたるものになるのでしょう。一緒に食べる夫は大喜びですが、術後3日目で痛みが取れない私には座っているのも辛い食事でした。

しかし、アメリカの病院食は想像していたよりはずっーとマシなものでした。(和食しか食べれない人には辛いと思いますが)夜中でもいつでも喉が乾いたら看護婦さんを呼ぶとジュースを持ってきてくれるのも気に入りました。オレンジジュース、りんごジュース、クランベリージュースを一度にいくつか持ってきてくれます。「どんどん水分をとってね」と言ってたくさん持ってきてくれるのです。病院食メニューで和食やチャイニーズ、コリアンといったアジア系メニューがあったら最高なんですがね・・・。

  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
最近の記事
04.20.
人にも環境にも優しいエコ商品
アメリカのエコ系、オーガニック系商品で有名な「seventh GENERATION」のエコオムツ!?
04.06.
アメリカ☆小児科医の決め方
アメリカでは出産前に小児科医を決めておくのが普通です。自宅から遠くないことが大切ですが、医者との相性が一番です。
03.23.
アメリカ☆授乳事情
母乳育児推進中、アメリカの授乳事情をご紹介
02.23.
アメリカで出産☆びっくり医療費!
アメリカの医療費の高さは、わかってはいても驚く!高額な出産費用
12.15.
アメリカの母親学級に参加!
日本で妊娠中行われる「母親学級」「両親学級」などの準備教育はアメリカでもあります。アメリカでは病院で行われることが多いようです。
WRITERS NOTE
【NAME】ケイ ブラウン
海外の暮らし、日常生活、学校生活、料理、ワイン、海外芸能ゴシップ、エンターテイメント情報、英語の勉強、美容など海外生活ならではの情報をとりあげていきたいと思っています。
<< 2018年11月 >>
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930